年賀状・暑中見舞い

夏と冬の贈り物。院長からのちょっとした感謝の気持ちをお届けします。

夏と冬のイベントであるのが、年賀状と暑中見舞い。院長が、試行錯誤してネタを考え、考え…。少しでも心が温まればという気持ちで作成しています。

Vol.44 平成29年残暑お見舞い

 撮影するとき、少しかがんでペンギンの向こうが空になるようにすると、「ペンギンが空を飛んでいる」ように見えます。

続きを見る

Vol.43 平成29年年賀

室内でフラッシュを使う場合、影の処理が問題になります。今回は、フラッシュ4個をスリーブで使いました。(スリーブというのは、光を感じて光るフラッシュです。)

続きを見る

Vol.42 平成28年残暑お見舞いー2

                                  三脚を使うと、シャッタースピードを気にしないで撮影することが出来ます。ISO400・シャッタースピード1/2・レ...

続きを見る

Vol.41 平成28年残暑お見舞い

    「マジックアワー」とは、太陽が沈んでから空が黒くなるまでの30分程の時間帯を言います。空の色が刻々と変わりますので、色んな条件で撮影して色のバランスのよいものを選びました。

続きを見る

Vol.40 平成28年年賀

望遠レンズは、近くにピントを合わせるほど、被写界深度が浅くなります。また、動きの速い物の場合は、シャッタースピードを速くしなければないので、なかなか厳しい条件の写真撮影になります。...

続きを見る

ページトップへ